第3回アンサンブルハモニ館ハーモニカコンサート

工事中

ハモニ館主催のリサイタル「第3回アンサンブルハモニ館ハーモニカコンサート」が、2022年11月13日(日)、伊丹アイフォニックメインホールで行われました。第1回目は2013年秋、第2回目は2017年夏、今回は5年ぶりの開催になりました。当日は朝から雨模様でしたが観客席502名収容のホールが、ほぼ満席となっていました。主催側スタッフの方々は、検温、マスク着用、消毒等の感染防止対策を徹底されていました。本ページではその様子を写真で紹介いたします。

プログラム

プログラムは、以下のように二部構成からなり、第一部は、ソロ、デュオ・ユットラ、ヴェキアス(デュオ)、クラインアーツ(トリオ)、第二部は、アンサンブル・ハモニ館の演奏でした。

会場の様子

当日は、あいにくの雨となりました。会場には500余名の参加者があり、多くの方を魅了するコンサートとなりました。

あいにくの雨。検温、アルコール消毒など感染防止対策を徹底

会場前。2階席もあり、前後の段差も大きく、ゆったりと観賞できる会場

第一部

1.コンサートは、デュオ・ユットラによる月メドレーから始まりました。
司会はいつもお世話になっている和谷奈津さん
2.ヴェキアス(小林希久子さん、岸本彩さん)によるアイノカタチ~宿命
3.ブエノスアイレスの冬
伴奏 冨田 美香さん
4.黒田節
「名槍日本号」を朗詠を受けて演奏
詩吟
「名槍日本号」を朗詠
5.さくらワルツ
6.ジブリ名曲集より
あの夏へ
アシタカとサン
人生のメリーゴーランド
7.デュオ・ユットラ
Far away
大空と大地の中で
ヘイヘイブギ
8.クラインアーツ
懐かしの時代劇ヒーローメドレー
小林旭メドレー
「助さん、格さんもういいでしょう!」などセリフ入りのとても楽しいメドレーでした。

第二部

第二部は、アンサンブル・ハモニ館によるアンコールを含めて8曲に及ぶ素晴らしいアンサンブルの演奏でした。

大忙し
アンサンブルの皆さん
アンサンブルの皆さん
アンサンブルの皆さん

終了ご挨拶

一部と二部の合間には小休止を入れて、3時間となるコンサートでした。出演者の方々は、大変ご苦労様でした。